子育てで悩んだら

Pocket

うちの子、わがままばっかり・・・

聞き分けがなくてイライラする

他の子と比べて落ち込んでしまう

育児をしていると、いろんな壁にぶち当たります。躾や教育などから、家事や仕事との両立まで。
泣きじゃくる我が子を前に、自分は母親になるべきではなかったのではないか?と途方に暮れる事も・・・。
スポンサーリンク




そんな時こそ、ぐりとぐらで有名な、中川李枝子さんの本です。


*ママ、もっと自信をもって
【作・中川李枝子】

中川李枝子さんの生い立ちから現在まで,2016年に発行された比較的新しい本です。絵本作家としてあまりにも有名な方ですが、17年間は保育士として奮闘されていました。保育への情熱を感じずにはいられません。
逆に保育士の仕事を目指している人がこれを読んだら、更に魅力的な仕事に映るか、自分にはとても無理だ、と音を上げたくなるかどちらかだと思います。笑

先生の本を読んでいていつも伝わってくるのは、何より子供が大好きな人なんだという事。
子供と一緒にいる事を推奨したり、保育園より幼稚園がいいとかそういう事は一切書かれておらず、むしろこういう育児をするべき、と型にはめずに育児をした方がいいとアドバイスされています。
あえて言われていて印象に残ったのは、ユーモアを持って育児をするという事。

そういえば・・・と子供が幼稚園でお世話になっている、とある先生が思い浮かんだのですが、長く保育士をされているベテラン先生でそんな方がいらっしゃいます。
園児がぐずったり何かトラブルが起こっても動じず、いつも面白おかしい出来事として話される先生。
新人でとにかく一生懸命な先生も好きなのですが、そのベテラン先生の場合はこちらも深刻に受け止めず、可愛いエピソードとして捉える事ができます。

やはり子供相手に余裕を持って接する事が、育児を楽しむコツなのかな、と思いました。


とは言え、我が子の事ですからそれでも不安になってしまう事も当然あるのですが、じゃあ何か絶対的な解決法があるのか?と言えば
先生がおっしゃっているように、育児においてこうしたからこうなった、という因果関係はあまりなく、その子の性格や周りの環境によって変わるので、真面目に考えすぎても答えは存在しない事が、案外多いのですよね。

ただ答えよりも、「我が子のために一生懸命悩み、考えた」という事実こそが大切とも言える気がします。

先生は戦争時代を生き抜いた人でもあり、今の時代のありがたみについても考えさせられるところがありました。
ぐりとぐらの誕生秘話(?)も載っています。
1時間ぐらいでサラッと読めますので、育児にピリピリした時は、ぜひ手に取ってみて下さい。
同じく中川先生の本で、こちらもおすすめです。
*こどもはみんな問題児
【作:中川李枝子】

子育てでイライラ 育児に行き詰った時読む本)で紹介しています。)
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です