夫婦喧嘩、離婚がもたらす子供への影響*元彼で検証*

Pocket

スポンサーリンク



親が子供の前で喧嘩をするとどうなるか

・情緒不安定になる
・親への信頼を失くす
・自分に自信がもてなくなる
・切れやすい子になる
・人の目を気にする子になる


一般的に言われているのはこんなところでしょうか。

結婚して家を出るまで、私は親の喧嘩を見た事も、お互いの愚痴を聞いた事もありませんでした。

出会いはお見合いなのですが、父の話によると母に出会った瞬間恋に落ちたらしいです。いわゆる一目惚れですよね。

「○○(母)に出会うまで自分は人を好きになる事はないと思ってた」

こんな事を臆面もなく娘に話す私の父親ですが、とても真面目なタイプです。

娘の私からみても仲睦まじく、記念日はもちろん2人でデート。

そんな仲良し夫婦の下で大きな安心感の中育てられた私ですが、メンタル弱いですし、コンプレックスだらけで自分の事があまり好きではありません。先に挙げたものほとんど私にも当てはまります。

両親の事も、好き同士で結婚したんだから夫婦は仲が良くて当たり前、そう思って生きてきました。

ところがだんだん成長するにつれ、友達の両親事情を聞いていると、毎日喧嘩してるとか目も合わさないとか

夫婦にも色々あるのだという事を知り、そういう点では仲のいい両親に感謝しなければ、とは思いますが。

シンママ・シンパパに育てられた彼ら

片親に育てられた元彼3人を例に出してみます。


ケース1

高校から大学時代にかけて付き合っていた彼氏は幼い頃に両親が離婚したそうなのですが、毎晩それはそれは壮絶だったとか。
しょっちゅうお皿は割れるし怒鳴り合いだし 早く離婚してくれ とずっと思っていたそうです。離婚原因は父親の不倫。

離婚してからは母親に女手一つで育てられ、兄は東京へ上京。彼は詳しく書けませんが独立して会社を経営しています。

私から見た彼とお母さんとの関係は悪くありませんでしたが、少し淡泊にも感じられました。

高校生という年頃ゆえかもしれませんが、母親想い、とかマザコン、とかそんなタイプではなかったです。

私は彼が大好きでした。優しくて面白くて。後にも先にもこの彼氏ほど好きになる人は現れませんでした。

小中学校の時の彼を知らないので、そこはなんとも言えないのですが、片親だからどうとかいう事は微塵もなく

今思えば高校生であの落ち着き用は逆に不自然だったと思えなくもないのですが、私を含め誰に対しても「怒る」という事をしない人でした。だからと言って何でも言う事を聞いてくれるというわけではなく、間違ってたら上手く諭してくれる、「できた人」でした。
大学でのあだ名は「仙人」。男女共に友人の多い人でした。


ケース2

高校生の時付き合っていた彼。両親は離婚後、再婚し母親と血の繋がっていない父親に育てられていました。彼が小学校に上がる前の事だそうです。
当時流行っていたバンド活動をしていて、学校はさぼってばかり。バイクが趣味で警察に捕まる事も何度かあった彼。
嫉妬心の強い人で、私の携帯を常にチェック。その癖浮気癖のある彼で、信じては裏切られ、の繰り返しでした。
母親は大好きだけど父親は嫌い そんな感じでした。「ほんとの父親じゃないくせに偉そうな事言うな」という台詞をよく吐いていましたが、私からすると彼の父は一生懸命だったと思います。
現在どうしているか不明ですが、彼の事は最終的に、思い出しても嫌悪感を感じるほど嫌いになって別れました。


ケース3

離婚して父親に育てられている彼もいました。彼が中学2年生の時、お母さんが蒸発してしまったそうで、家にはお手伝いさんが食事を作りに来ていました。
「消息不明やねん」と笑いながら話していましたが、お母さんの事は好きなようでたまに思い出話をしたり、時折寂しそうではありました。お父さんは厳しいタイプでよく怒鳴られたりしていましたが、彼はお父さんを尊敬しているようでした。
「意地悪だけど根は優しい」を絵に描いたような人で、口は悪いけど心配性な彼でした。
今はお父さんの会社を継いでいるようです。一見俺様系の、自信満々なタイプでした。

まとめ


サンプルが少なすぎて失笑ものかもしれませんが、仲の良い友人よりも、一定期間付き合っていた彼氏の方が表向きだけじゃない裏の部分もある程度分かっていたりするかなと思いまして。
この3人(+私)で考えると、親の離婚で子供の心にそこまでマイナスに影響を与えているって事もないんじゃない?というのが正直な感想です。
子供への負担としては少なからずあるでしょうが、それが必ず良くない方向へいくかというとそうではなく、その分人に優しくできたり、自立心が育つという事もあるんじゃないかと。ま、なんだってそうでしょうけどね。

とはいえ。できるなら避けたい夫婦喧嘩、そして離婚。ケース1の彼は経済的にも苦労していました。だからこそ今の成功があるのかもしれませんけどね。


夫婦喧嘩しないように日頃気を付けている事

・雰囲気が悪くなってきたら話題を無理矢理かえる
・相手の両親、兄弟の事を悪く言わない
・相手に対してある程度のあきらめを持つ(自分の気持ちを全て理解してもらおうと思わない)
・あまり長く一緒にいない(3連休があったら1日は別で行動する日を作る、など)
・どうでもいい事は自分が折れる

ちなみに夫の両親は2人で旅行に出掛けたりと仲良く過ごされていますが、お母さんがお父さんの後ろを歩く、一昔前のタイプです。
夫はしっかりしている方だとは思いますが、お父さんの血を引いているのか決して謝らないし、短気なのも気になります。っていうかもうちょっと優しくして欲しい!
ある統計では離婚したいと思ったことがある妻が6割を超えているそうですが、私もあまりに頑なで正論ばかりかざしてくる夫に「もう無理!」と叫びたくなった事は何度かあります。

最近はその労力が馬鹿らしいのでしおらしく「私が悪かったよね、ごめんね」と言いながら心の中で毒づく事で終わりにしています。こういうのが溜まって熟年離婚とかになるのですかね。でもそんな事は逆も然り。じゃあ私はどんだけの事夫にしてあげられてるのかって考えると、自尊心の低い私は一瞬でしゅん・・・となります。

何より影響があってもなくても、喧嘩をしている時の子供の顔は泣き顔だったり、強張っていたりしますから、子供の前での喧嘩は抑える努力をしないといけないのかもしれませんね。

スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です