今の自分の育児を考える

Pocket

スポンサーリンク




朝が弱い私にとって、冬休みなどの長期お休みは嬉しいのですが、やはり子供達が一日中家にいるので家事は疎かになるし、夕方頃になると余裕もなくなってきて優しく接する事ができなくなってきます。

母だって人間なんだから疲れてる時もあるしイライラしてる時だってある

そう言い聞かせても、これが毎日積み重なると子供が大人になった時に
「お母さんって気分屋だな」って思われるのかなーって、それが本当に気がかりです。

子供に言ってしまった事やとってしまった態度はもうどうしようもないし、深く考えずにいよう、とは思っているのですが、後々子供に愛されるお母さんになるべく心がけるべき事って何なのでしょうか。

私が自分の母に対してネガティブに思っていた事は

・勉強にうるさかった
・急に怒鳴る事があった
・言う事や、やる事に一貫性がなかった(あったのは学歴を付けなさいという事ぐらい)

といった事でした。

「怒鳴る」 と 「泣く」


好きな人はいないと思いますが、いい大人で「怒鳴る人」が本当に嫌いなんでよ。
「怒鳴る」って幼稚な行為じゃないですか。自分では収めらない怒りを相手にぶちまけてるわけですよね。
怒鳴らなくても相手に自分の気持ちを伝える方法はあるはずなのに、脅かして相手を委縮させて言う事を聞かせるなんて、人としてどうなのかなって。

でもそれをある日、友人と話していたらその友人は、
「泣く人だって同じじゃない?」と。言い合いをしている時に泣かれたら、相手は「可哀想だな」って同情して一歩引いてしまうから何も言えなくなる。怒鳴るのと変わらない、と。

涙腺の緩い私は、怒鳴ると泣くが一緒なんて心外なっ と思ったのですが、確かにそうかもーと思い直してきまして。

出ちゃう時は出ちゃうんですよ、涙は。 止めたくてもどうしても止まらないのです。
でもそれは怒鳴る人も一緒だそうです。怒鳴りたくないけど咄嗟に声を荒げてしまう・・・。

怒鳴ったり泣いたりして子供を精神的に追い詰める事のないよう、いつも心に余裕を持ち続けていたいものです。

結局、自分も親の性格を引き継いでいるのかもしれません。
だけどとにかく母の性格で一番嫌だったのは「いつまでも不機嫌な態度を取られる事」だったので、それだけは回避したいです。

そのためにも叱った後気持ちが落ち着いてきたら、「引っ込みがつかない」なんて言い訳はせずに時計を見て、心の中で(何分まで その時間がきたら声をかけるぞ)って決めるようにしています。

私の顔色ばかり伺うような子にもなってほしくありませんしね。

人前だとしつけが厳しくなってしまう


私、外面はいい方だと思うんです。「いつもにこにこしてるね」とか「人付き合い良さそう」
とかよく言ってもらえるのです。でもその分人より体裁を気にするし、自分の発言を今相手がどう思ったかなって考えだすと止まらない時もあります。

そのせいか、人前だと必要以上に子供を叱ってしまうんですよね。
甘やかしてると思われたくなくって。
だから最近悩むのは、子供のために色んなお友達と遊ばせてあげたいけれど、相手の親の目が気になるから思っているような育児ができない事も多く、そうなるぐらいならいっそ遊ばせるのを控えた方がいいのではないか
という事なんです。幼稚園で存分に遊んでますしね。

ただ子供ってほんと何時まででもお友達を遊んでいたいんですよね~。

前提として「叱らない親」も苦手なんですよ。
叱ってものんびりと「だめでしょー」みたいな明らかに悪い事を止めさせる気のない親とか。

ある意味忍耐強くていいのかもしれないけど、やはり他の人に迷惑かけているのに何も注意しないのは気になります。

こんな人にはなってほしくない


・自己中心的な人
・非常識な人
・自分の言い分が全て正しいと思っている人

さまざまな経験をさせる事と、やはり何より人との関わりが大事なのですかね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です