ママ友がこわい 原因はやっぱり子供?

Pocket

スポンサーリンク



うちの幼稚園はボスママとかいなくて良かった~

ママカーストなんて聞いたことないわ。

と、子供が幼稚園に入園してから2年間は思っていました。
実際こんな記事も書いてますしね→(ママ友付き合い

ですが油断してると自分の身にも降りかかってきます。っていうか油断してなくても自分の思惑とは全然違ったところから突風のごとくやってくる。それがママ友地獄というやつなのかもしれません。

今話題のこちらの漫画を読んでみました。

*ママ友がこわい~こどもが同学年という小さな絶望~【作・野原 広子】


小さな誤解、何気なくした会話が原因でママ友はずしをされてしまったママのお話です。

こんなあからさまに意地悪な人は私の周りにはいませんが、昔ママ友間で起きてしまったトラブルの原因はこの本と同じだという事に気付きました。

一番の落とし穴は我が子


ネタバレになるといけないので詳しく書けませんが、このお話では子供とママが何気なくした会話が発端となりました。ママも全然悪気はないし、特に問題のある会話にも思えません。
ですが相手は子供です。成長していっちょまえに話せるようになったとは言え、まだほんの4、5歳。受け取り方も人への伝え方も下手っぴです。
そうして我が子が自分の発言をニュアンス変えてお友達に伝える→お友達が受け取る→お友達のママにニュアンス変えて伝わる

ってまぁこれ子供だけじゃなく、大人同士でも人を介して物を伝えると全然違う風に伝わる事ってありますよね。(だから夫を介して義両親に何か伝えるのも要注意です)

私も内容は違いますが、これと同じような事が原因でママ友とぎくしゃくしてしまいました。

子供が「○○ちゃんすぐ叩いてくるから、もう遊びたくない」と私に言ってきたんですね。
で、やめてってちゃんと言ったの?とか何か嫌な事をあなたはしなかった?というような事を聞いても、「していない、ただ遊んでいたおもちゃを取られて返してと言ったら叩いてきた、また叩かれるのが怖い」というような話だったので
「それは嫌だったね。まぁ無理に仲良くしようとしなくていいんじゃない」的な感じで子供に話をしたんですね。

もちろん次にそのような事をされたら先生に伝えるように言いましたし、私も今までみんなと仲良くするようにと娘に言い過ぎてしまっていて、普段色々我慢して仲よくしているのかもしれないという気持ちがあったので、今回は娘の気持ちに寄り添ったつもりでいました。
そしたらそれが見事「○○ちゃんと仲よくしなくていいってお母さんが言った」となってしまって・・・。

今思えば、私自身がその叩いてくる子に対しても、そのお母さんに対してもあまりよい感情を持っていなかったというのも原因かもしれません。あからさまに子供に伝えているつもりはなくても、そういうのって子供は案外敏感に察知してたりしていそうですよね・・・

年長が一番危険!?


冒頭にも書きましたが、幼稚園生活が2年続くと本当に気が緩んでくるんですよ。ママ友との仲もどんどん深まってきて、多少何をぶっちゃけても受け止めてくれるだろう、とかもはやあまり何も感考えずに、思いつくまましゃべるようになってたりします。
でもそうなった時が実は一番トラブルを招きやすいのかも。

こちらは親しくなっているつもりでも向こうはずーっと我慢している、というパターンだってありますから。
我慢するような関係なら切ればいいじゃない、と思われるかもしれませんが、そうもいかないのが「ママ友」であって普通に仲良くなった友達との違いなんですよね。

そもそも「友達」は自分が気が合うな、一緒にいて楽しいなってところからスタートして仲よくなっていくと思うのですが、ママ友の場合はきっかけが子ども同士であって、「子供が好きな子のお母さん」から始まってるので違うシチュエーションなら全く仲よくなっていない可能性もある相手です。

子供の大好きな友達のママだからこそ仲よくなりたい、多少気になるところがあっても子供の交友関係を壊したくないから我慢する、という図式が成り立ってしまいます。
だから自分は相手のママを気の置けない友達、と認識していてもお互いがそう思っているとは限らないのです。
よってママ友歴が長ければ長い人程注意すべき相手と捉えておいた方がよいかもしれない、という事を最近よく思います。


で、この「ママ友がこわい」の主人公のママはちょっとママ友に依存しすぎていたんでしょうね。だから余計に傷つくし落ち込んだのだと思います。
こうなってしまった以上もう卒園まで我慢するしかないのでしょうか?そんなのまさに絶望的・・・
でもママだって人間です。
ここまでされたら転園も視野に入れていいんじゃないでしょうか。
簡単にできる事ではないでしょうし子供には少し可哀想かもしれませんが、こんな情緒不安定なまま子供と接するよりははるかにマシな気がします。
次はこの経験を生かして同じ轍を踏む事もないでしょうしね。

何せ明日は我が身。ちよっと息苦しくなるかもしれませんが、ママ友のいる生活にどっぷり浸かっているなと思ったら、子供への言動、ママ友との会話には少し気を配る必要がありそうです。

 
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です