テレビゲームばかりの子供が心配・・・

Pocket

長男がすくすくゲーマーに成長中です・・・。

ゲームには寛大になれると思っていました、私も多少ゲーム好きなので。
男の子が生まれたら一緒にゲームしたりするのも楽しいんじゃないか、とさえも・・・。
ですが現実は、ゲームで失敗するとイライラ。もっとやりたいと駄々をこねる。話しかけてきたと思ったらゲームの話・・・。
もう捨ててしまいたい。本体ごと失くしてしまいたい。
以前、バイオリニストの高嶋ちさ子さんによるゲーム機バッキバキ事件が報道されていましたが、毅然とした態度で素晴らしいぐらいだと思っています。庶民&小心者の私にはそこまでできませんが・・・。
スポンサーリンク



矛盾するようですが、今DSやswitchを買い与えるべきか検討中なのです・・・。やっぱりDSも携帯と同じで、クラスである程度の子が持っている中で自分は持っていない、というのは可哀想に感じてしまい、他所の子が持ってきたDSを羨ましそうに左右から眺めているのは見ていても痛々しいですし、余計に執着心が強くなってしまう気もするんですよね。
うちに遊びに来るお友達を見ていても、一切ゲームがないという家庭の子は、いつまででもゲームをやりたがる傾向も見受けられます。

我が家も一応ルールを決めているのですが、これが果たしてよいものなのか・・・

我が家のゲームルール


*友達が来た時と、夫がいる休みの日だけ
*1日1時間まで
*けんかになるようなら即終わりにする

まぁこれだけなんですけどね。
私が子どもの時はタイマーを設定されていて、1時間経てばピピっと音が鳴ってバチっと電源を落とされていたのですが、これはすごく嫌だったのでセーブポイントまではいっていい、今やっている最中の分は終わるまでしていい、などある程度融通をきくようにはしています。

物理的にゲームをする時間を失くす


目につくとやってしまう、暇であればあるほど最高の時間潰しになるのがゲーム。大人のスマホと一緒ですよね。時間ができれば、用事がなくてもつい触ってしまいます。
そこで有効的なのは、できる時間を短くすること。金銭的余裕があるなら習い事を多めに入れる、サッカーや野球など、毎日の練習が多いスポーツをさせるなどスケジュールを詰め気味にしておくのです。家にいる時間が少なければ、その分ゲームをやるのも短時間で済みます。

あとは自分が犠牲にはなりますが、子供の相手をたくさんする事ですよね。テレビやゲームをやらせておくと親は楽ですが、ある程度の年齢までは「お母さんが相手をしてくれるなら!」とテレビゲームよりトランプやパズルを喜んでやったりします。

「勉強はしなくてはならないもの」という気持ちを植え込む


私の弟はゲームに勝てず受験に失敗しました。私より地頭は良かったはずなのですが、勉強のためにゲームをやめる、という事ができなかったのです。いえ、別に完全にはやめなくてもいいのかもしれませんが、「英語の勉強!」と無理やりな理由を付けファイナルファンタジーを英語版でプレイしたり、両親にゲーム機を隠されても、気が狂ったように探しまわって見つけてはやったり、完全に受験舐めてるな、って感じでした。

一方弟の友人は、「あるとやってしまうから、受験が終わるまでゲーム機をガムテープで縛りつけておいた」と話していました。
この違いはなんなのか。
まずはどうしてもその学校に入りたいという気持ちの違いがあったと思います。弟はただなんとなくこの学部の偏差値が高いところ、とふわっと思っているぐらいに見えました。
私が出た大学はまた別の、偏差値で言えばそれよりも低いところですが、どうしてもこの学校のこの学部!という思いがあったため、遊びに出掛けても全然楽しくないどころか不安に駆られるだけだったので、結構ガムシャラに勉強はしたと思います。
なので、勉強をしないといけない心からの理由があれば、自ずと勉強しようという気持ちが湧いてきて、ゲームどころではなくなるでしょう。

勉強する事の大切さを説く


大学まで話が飛んでしまいましたが、歳が幼くても勉強する理由さえ理解すれば、ゲームばかりではなく勉強にも目が向くのではないでしょうか。私の母のように、「大学行けない人は生きていけない」とか脅迫めいた事を言うのではなく、勉強すると自分にどれだけいい事があるか、どれだけ可能性が拡がるのかを、すぐには伝わらなくても日々伝えていく努力は必要かなと思います。

ゲーム活用法


とにかくこの時代に子育てしている限り、ゲームを避けて通るのは至難の業です。それよりもゲームをうまく活用して、子供を良い方向に伸ばす方法はないものか。
悩んでいると妹からちょっと参考になる話が。

「ゲームにPDCAをつけるといいらしいよ」
PDCA・・・。社会人になってよく耳にしていた言葉。
Pはプラン(計画)→Dは行動→Cは確認→Aは改善。
つまりゲームをする際に、まずどうやったらこの面をクリアできるか考えてからプレイさせる。そして失敗した時はなぜだめだったのか、次クリアするにはどうすればいいのかを考えるようにしてからプレイさせるといいと言うのです。
***
私「まず、この面はいつもどこでやられるの?」

息子「でっかいキラーが飛んでくるとこ」

私「じゃあそこでやられないようにするにはどうすればいいと思う?」

息子「えー分からん、もっと助走をつけておっきくジャンプする・・・とか?」

***
こんな感じで、始めはゲームに興味を示してくれた母という事が嬉しかったのか素直に考えたり実行に移してくれていたのですが、だんだん嫌になってくる息子。そして私・・・。

私「だからそれさっきも失敗したやん!」

息子「いける時もあるし」

私「ちょっと!スタートする前に考えてって言ってるでしょ!」

息子「もうお母さん、うるさい!あっち行ってて!」

こんな感じで終了しました・・・。ま、嫌になるのも当然ですよね。これでゲームが面倒になってやめてくれたらそれはそれでしめたもの、とも思ってましたが、そんなに甘くはないですね。
このよこしまな気持ちが今回失敗の原因でもあると、今は反省しています。

余計な口出しはせずにただ促していれば、もうちょっとやりそうな気はしました。
これができるようになれば、PDCAの動きができる人間として、社会人として重宝される・・・?かもしれません。
でもこれは少し高度ですね。
ただゲームをだらだらやらせる・・・と言う事だけはないように気を付けていきたいと思います。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です