言わなくてもやって欲しい  やる気のある子に育てるには

Pocket

スポンサーリンク




言わないとやらない・・・というよりも言ってもやらない事が多い我が子達。
着替えて!
お片付けして!
お弁当箱出して!

毎日口にしている台詞ですが、一度で聞いてくれる時はほぼありません。
「はーい!」と気前のいい返事だけはするものの、なかなか実行に移す気配がなくイライラしてくるので、私は私の用事を済まそうと家事などをし、しばらくしてから子供たちの様子をそっとうかがってみるのですが、先ほどと何も変わっていないのです。

そして再度促すと
「分かってる!」
「今やろうと思ってたのに」
と生意気に返される始末。何も言わずにできるようになるのはいつになる事やら・・・。

子どもの「言わないとやらない!」がなくなる本【作:田嶋 英子】


この本が全体を通して言いたい事は、あれこれ口うるさく言うのではなく、「子供が物事の必要性を自分で見極められるように、それとなく促していく。結局はそれが自立への一番近道になる」という事なのかなと感じました。

「起きなさい!!」と朝から無理矢理起こすのではなく、声を掛けても起きなければ放っておく。そして遅刻して先生に叱られる経験をする事によって、朝起きなければいけない、という気持ちを芽生えさせたり、
お風呂に入る事がどんなに人の身体良い効果をもたらすのかを伝える事で、お風呂が「面倒くさい」→から「清潔で気持ちのいいもの」に変わり進んで入るようになる、など。

ただ遅刻に関しては最近の先生はあまり叱らない方が多いようですから、遅刻しても先生に怒れない、学校に行く時間が減ってラッキー、と捉えられてしまえば逆効果になってしまいますが・・・。

他にも待ち時間をきちんと待てるような子にするための工夫や、自己管理能力の育み方、近年問題のひきこもりやニートにしないためにはどのような点に気を付けるべきか、など今はまだ漠然とした不安に関しても幅広くアドバイスが載っていて、これからはなんとなくでも意識して子供達に言葉掛けができるといいなと思いました。

ひとつ納得がいかなかったのは、著者が「忘れ物が多いのは小さい時に託児所に入っていたからだ」、という持論。
私も忘れ物女王でしたが幼稚園出身ですし、これは生まれ持った性質なのではないかなと思います。
私と著者で決定的に違うのは、私はこれによってすっかり自分を信用できなくなっているのに対して、あまり気に留めていない様子である著者。これは忘れ物をした後の親のフォローというか、接し方で違うのかな、という気がしました。忘れて叱られる、自分が困る事で次から忘れないようになっていくという事でしたが、私はそれ以前に次は忘れないためにどのよう工夫していけばいか、一緒に考え、実行させる事が重要なのでは?と感じました。もう小学生になったのだからと放っておかないで、2年生くらいまではきちんと見守ろうと思っています。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です