どう育てる?子供の我慢する力

Pocket

約束の場所に相手が来ていないと、ずっと時計が気になるし。
明日食べようと思っていたチョコレートは今日食べてしまうし。
サウナはすぐ出ちゃうし。
どちらかというとせっかちなので、我慢強くない私が子供達にどうやって我慢というものを教えればいいのか・・・。
スポンサーリンク




例えば子供が一人で身支度をしている時。手を出さずに見守ろうと決めていても、もどかしくて仕方がなく「早くしなさい!」とつい声を荒げてしまう。
いつも余裕のある人の方が、母親としても人としても魅力的なのは分かっているのですが、どうも実行できません。

子どもの一生を決める!「待てる」ガマンできる力の育て方

 
【作:田嶋英子】


タイトルだけでも妙にうなづいてしまうのですが、ガマンができるかできないかで、その人の人生は大きく変わるといっても過言ではないでしょう。
私はすぐに結論を求めるタイプなので、行き着くまでの過程であったり、熟考する事なく行動を起こしてしまい幾度となく後悔しています。
一体ガマンする力、一度立ち止まって冷静になる力はどうすれば養えるのでしょう。大人になった私が今から身に着けるのはかなり根気がいりますから、できれば子供達は幼少期から身に付けさせたい力です。
とはいえ、何でも抑制して我慢させていればそのうち我慢強い子になるかといえば、そんな容易なものでもなく。
反対にしっかり周りの大人が子供の欲望を受け止めてこそ、我慢ができるような人間になるというのはよく聞く話です。

この本ではどうすれば我慢強い子に育てられるのか、毎日の生活での些細な行動、言動についてアドバイスされています。
まずは我慢する事をしんどい事だ、辛い事だと思いすぎないこと。これは我慢をすれば、その後いい事が待っているようなサイクルを作れば良さそうなので、最近は我慢できた後に大げさに褒めたり、いつもより長めに遊び相手をするようにしています。

特に私がこの本で注目したのは、「親が子供に与えるべき3点セット

どうしても理不尽な怒り方をしてしまったり、兄弟で差がでてしまう事を止められない日ってありますよね。でもこの3点セットを全員平等に与える事で、「今日は叱りすぎたかな・・・」と思っても持ち直す事ができます。さてその3点セットとは・・・

栄養!睡眠!愛情! です。

我が家の子供達は偏食がちなため栄養面とかは自信ないですが、それでも外食はほどほどにしたり苦手な野菜を一口は食べさせるよう取り組んでいます。
どんな時もこの3点セットだけは意識していきたいと思います。

もちろん我慢する事がいくら大切であるとはいえ、時と場合によっては我慢しない方がいいこともあります。
お友達に何か嫌な事をされても何も言わないとか、我慢して自己主張ができないとなるのも困りものですからね。

なにせ短気は損気!
我慢する力のある子は学力もあがるという実験結果も出ています。決して楽なことではないけれど、年齢と共に我慢する力を少しずつ一緒に鍛えていきたいと思います。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です