絵本の読み聞かせで 「数」 「数字」が好きな子に

Pocket

スポンサーリンク




数の概念が分かっているな と確信出来たのはみんな幼稚園に入ってからでした。

それまでは「1」 「2」 「3」 と数字自体は読めてもそれが何を意味しているのか分かってない。

エレベーターで「1階押して」と言ったらちゃんと押せるけど

「ティッシュ2枚とって」と言っても1枚しか渡してくれなかったり。

今思えば時期尚早というだけの話なのに、実は結構不安に思っていました。

というのも私が数字かなり苦手なんですよね・・・。

既に小学生の時から算数に苦手意識があって、受験の時は数学の成績にかなり足を引っ張られました。

数字が出てきた瞬間にぷつっと思考が停止してしまうんですよね。

なので数学においては  「この問題が出たらこの数式を使う」 といった具合になぜこの数式を使うのか、なぜその計算の答えはそうなるのか という事を理解せずに点数を取ってきました。

授業も興味がなく苦痛に思う程でしたから、先生の説明もだんだん聞かなくなっていったように思います。

そんな分けで子供にはなんとか数字を嫌いになって欲しくない!

そんな想いから数にまつわる絵本を読み聞かせてきましたが、その一部をご紹介したいと思います。

年齢別 数の絵本

2歳~

1、2、3 どうぶつえんへ【作・絵 五味太郎】

数に興味が出たら。数の入り口として。

文章はありません。まずは汽車が描かれていて、その後ろに動物を乗せた貨車が続いているので、私は動物園というよりもサーカスの移動車をイメージしてしまうのですが、

まずは1頭の象が見開きいっぱいバーンと描かれていて、左上に 『1』 と数字が書かれています。次にカバが2頭・・・と10まであります。

どのページにも潜んでいるねずみ探しも面白いですよ。

子供達は1、2、3・・・と指を指して嬉しそうに数えていました。

3歳~

これ、足し算を教えるのにもってこいなんですよ。外にいるうさぎさんを一匹ずつお家の中に入れてあげることでいつの間にか足し算になっていたり、ありを葉っぱに乗せていき、どちらが多いのかを比べてみるなど、気付かないうちに頭が算数脳に。

4歳~

*100万ってどれくらい?【作・デビット・Mシュワルツ】

この年にもなると、よく分かっていなくても「1万」とか「100億」とかの数字を用いる事で、とにかくすごい数だという事をアピールしたがった息子。

そんな頃、じゃあ100万ってほんとはいったいどれぐらいすごい数なのか。絵と例えでかなり分かりやすく説明してくれていてまさに求めていたような絵本に出会えました。

足すとか引くとかよりも、まずは数字って面白いな そう思わせてくれそうな絵本です。

ちなみに私が読み聞かせられていた数字の絵本は

*はじめてのすうがくの絵本

・・・。

好きな子にははまるとおもうんですよ。現に弟は「この本面白かったわ

~」と私とは正反対の感想を持っていましたからね。

ですが苦手な私からするともろに「算数です!」という感じの内容が抵抗あったんですよね。

最後に

これらを読んであげたからといって必ずしも算数や数学が得意になるわけではないだろうし、あまり躍起になって読むと余計に嫌いになるかもしれません。

なので1度読んでみて興味を示さなかったり、「もういい」と言えばすぐ終わりにしています。

「ちょっと数字に抵抗がなくなってくれたら儲けもの」 位に思って読み聞かせてあげるのがちょうどよいかもしれませんね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です