姉妹育児 姉妹がテーマの絵本

Pocket

スポンサーリンク



将来仲良く過ごしてくれそうだし、次も女の子がいいなぁ

育児中の新米ママ達に人気の高い姉妹ですが

女の子2人育児もなかなか大変なものがあります。

女の子は仲間意識が強いため、グループを作ったり、そのうちの一人を仲間から外したりする姿が幼児のうちから見られることもありますし

相手に憧れを抱いたり反対に嫉妬したり

メンタルに関しても非常に敏感なのが女子です。

大人になった現在、妹は私にとってなくてはならない存在ですし

唯一無二の妹を産んでくれた母親には感謝の気持ちでいっぱいです

ただ幼い頃はたくさん妹に嫉妬をしましたし喧嘩もしました。

どこへ行くにもついてきて

そっと出かけても鬼のような速さで追いかけてくる妹に嫌気が差した事もあります。

だけど両親は口を開けば

「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」

「お姉ちゃん、面倒みてあげてね」

こっちは好きでお姉ちゃんになったわけじゃないのに・・・と不満を募らせた事もありました。

絵本も姉と妹をテーマにしたものがいくつか置いてありました。

*あさえとちいさいいもうと【作・筒井 頼子 絵・林 明子】

今読み返すと、
(お母さんまだ小さい娘達を置いて銀行へ行くだなんて絶対だめでしょ、ネグレクト?)なんて突っ込みたくなりますが

お姉ちゃんのあさえが妹にしてあげるのを真似して

私も公園の土の上に木の棒で線路を書いたなぁなんて事を思い出しました。

妹がまだこんな風にヨチヨチ歩き位の時は可愛いんですよ。

言い返してきたりもしないし、そこまで邪魔もしてきません。

ですがいつしか妹は要領が良くなって、私を見下すような発言をしてきたり、両親に自分が怒られた事を妹がやっても何も言われなかったり

上手に親の目をすり抜けていくのに腹がたったりするのですよ。

(きっと妹は妹の立場での言い分がたくさんあると思いますが、私が姉の立場なので・・・)

怒られてばかりの私は不安になって

「きょうだいの中で誰が一番好き?」

そればっかり聞いていたそうです。

「みんなおなじだけ大好きよ」

こんな言葉では到底納得しそうになかったから

「あなたが1番好き」

そう言い続けた、と言っていました。

私もそれはよく覚えがあって

そう言われる度に嬉しかったし、安心していたのです。

でもある時妹とけんかをして

「お母さんは私が一番好きなんだからね」

と言うと

「お母さん、私には私の方が好きって言ってたもん」

と言い返されたんですよ。もうそのショックたるや・・・。

 

そしてだんだん「お姉ちゃん」に対する期待や信用がだんだん重荷になっていくのです。

お姉ちゃんだから妹より勉強ができなくてはいけない

私はお姉ちゃんだから部屋の片づけや掃除をしっかりしてお手本を見せなければならない・・・

でも自分でいうのもなんですが、私は、「お姉ちゃん」であっても

「お姉ちゃん気質」では決してないと思うんですよ。

世話好きでもなければ面倒見もよくないですし

付き合う相手も女性ならあねご肌のしっかりしたタイプの子

男性なら、包容力があって全てを受け入れてくれるような

そんな人達との交際を好んできました。

そしてある時妹に

「お姉ちゃんって姉っていうより友達って感じがする」

と言われ

あっそうか、私は姉だけど別に姉ぶる必要はないんだ

とふっきれて楽になりましたね。

「お姉ちゃん」「お姉ちゃん」となついてくれる事自体は、純粋に嬉しいんですよ。

妹が入院した時も
「お父さんよりお姉ちゃんに側にいて欲しい」

と私の服の裾をぎゅっと掴んできた姿は愛おしくて今でも鮮明に覚えていますし

(あぁ、私がこの子を守らなきゃ)

と使命感に燃えたような記憶もあります。

*いもうとのにゅういん【作・筒井 頼子 絵・林 明子】

こんな絵本もあります。

妹が入院することになって、お母さんが病棟で付き添わねければならないため

いつもの家に一人でお父さんの帰りを待つのですが

怖くなって布団の中に隠れたり

いつも4人で食べている食卓がお父さんと2人きりになって

違和感を覚えたこととか、久しぶりに読んで実際の過去をありありと思い出しました。

いつもは喧嘩ばかりでも

いざという時は頼りになる、頼りにしているような姉妹

なるべく良好な関係でいてもらうためには

・お互いを比べない

・「お姉ちゃんなんだから」「妹なのに・・・」 と勝手にイメージや役割を押しつけない

ここらへんが大事なんじゃないかなと感じている、今日この頃です。
スポンサーリンク



兄弟育児 兄弟がテーマの絵本


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です