妊娠中におすすめの絵本

Pocket

スポンサーリンク




*わたしがあなたを選びました【作: 鮫島浩二】

産婦人科の先生が書かれた絵本です。
妊娠中って幸せな反面、つわりがきつかったりお腹の子の様子が心配になったり、特に妊娠初期などは心身ともに悩みがつきません。

私自身も赤ちゃんの胎動が少ないと次の検診まで気になって眠れなかったり、胎児の体重が少ないと言われれば何か有力な情報はないかと1日中ネット検索したりしていました。

そんな時にこの本を読むと、もやもやしていた心を自然に落ち着かせる事ができ、また穏やかな心で赤ちゃんの誕生を待つ事ができました。

実は私がこの本を初めて知ったのは不妊治療をしている時でした。本屋さんでパラパラとページをめくり、
うん、今はやめとこう。
そっと絵本を閉じました。

妊婦さんや育児中の人には癒し効果抜群の絵本なのですが、不妊で悩んでいる時にはこの絵本の言葉が重くのしかかってきそうな気配がしたんですよね。
‘子どもは親を選んでくる’
この考えには少なからず異を唱えたかったし、今でもそんな風には思っていません。

それでももしこの絵本のように、生まれてくる前の赤ちゃん達の世界があるとしたら・・・。

産まれてすぐの頃、何をしても泣きやまない我が子に取り付く島もなくなって、育児放棄してしたい衝動に何度もかられました。
それでもこの絵本の内容を思い出すと
“せっかく私のところに来てくれたんだから”
そんな風に思い直すことができて、投げやりな気持ちに歯止めがかかったのを覚えています。

赤ちゃんの誕生が楽しみになる絵本


*ちいさなあなたへ【作 アリスン・マギー 絵 ピーター・レイノルズ】

娘が誕生した時の、言葉にならない気持ち。できる事がどんどん増えて、成長を喜ぶ気持ち。親元から離れ、巣立っていく時の気持ち・・・。
母親というのは我が子の事を、誕生してから成人し年老いていくまで、ずっとずっと想い続けているのだというメッセージが伝わってきて、自然と自分の母の事を思い出していました。
今は煩わしいほどベッタリくっついてくる我が子達も、いつかは離れていってしまう時がくると思うと、もっと今ある幸せを大切にしなければと思えました。


*おかあさんがおかあさんになった日【作・絵 長野ヒデ子】

お母さんが、お母さんになる前はどんなだったか。
産む前に読んだときは、産んだらこんな感じなのかなってシミュレーションができて、出産がより楽しみになりました。それから産んだ後、子供達にこの本を読んであげると、自分が生まれる時はどんなだったかをいつも聞きたがります。
こちらとしてもその時のことを思い出して、優しい気持ちになれる本です。


妊娠中に用意しておくと便利

つわりが落ち着いてきたら、今しかできない事をしておきましょう。
例えば数年前から人気のマタニティフォト。
妊娠中の大きなお腹の写真を撮って収めておくなんて・・・と、私には少し抵抗があり撮りませんでしたが、出産後しばらくしてか大変な時期にその写真を見返すと、妊娠中の幸せな頃を思い出して頑張れるというメリットもあるそうです。

それから映画鑑賞。生まれてから数年は行きづらい場所NO.1です。

そして何より私が一人目の出産前にしておけばよかったと後悔したのは、出産後の具体的な育児をイメージしておくことです。
妊娠中は脳内お花畑状態でベビー用品などはしっかり準備していたのですが、生まれた後のお世話が想像と違いすぎて、絶望的な気持ちになった事を覚えています。
壮絶な陣痛に出産、育児。時間のあるうちにもうちょっと出産後の赤ちゃんの知識なども得ておけば、産んだ後であそこまで慌てふためく事もなかったのではないかと思います。


*妊娠百科事典【作 杉本 充弘】

例えばこういった妊娠に関しての雑誌は、子供の事で何か困った時用に1冊あれば非常に便利。

*ママは育児にあわてない【毛利 子来】

*ジーナ式快眠講座【作・ジーナ・フォード】

妊娠中はできる事も限られますが、自分のお腹の中で赤ちゃんが暮らしているという非常に神秘的な期間。パパと2人きりで過ごす時間もあと僅かです。

存分に妊娠期間を満喫してくださいね。
スポンサーリンク




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です