兄弟育児 兄弟がテーマの絵本

Pocket

スポンサーリンク




自分は子どもを産んでも一人だけ、と思っていました。

兄弟が多かった事もあり、一人っ子に憧れがあったのです。

お菓子も親の愛情も全部ひとり占め、そんなイメージを勝手に持っていました。

ですが ある時弟に言われた言葉にハッとしたのです。

「一人っ子の気持ちは、一人っ子経験した人にしか分からない苦労や悩みがあるでしょ。姉ちゃんは兄弟で育ってきてるんだから、兄弟いる子の方が気持ちに寄り添えるかもよ」

目から鱗でした。

もちろん、じゃあ兄弟作ろう!と次の子を希望したところで簡単に授かるわけではないのですが、

(実際その後不妊治療や流産を経験しましたので・・・

こればっかりは気持ちがどう変わろうと決められる事ではないんだな

と痛感したわけですが。)

今では3人の子宝に恵まれ、日々兄弟育児に奮闘中です。

 

兄弟育児の現実

いざ2人目を授かると、絶対上の子優先の育児をするぞ~と意気込んでいたものの

育ててみて初めて分かる、上の子優先の難しさ。

まず上の子と下の子の年齢差が開けばあくほど、それぞれ出来る事、出来ない事が全然違うんですよね。

だからどうしても 「我慢してね」、「ちょっと待っててね」、の言葉が上の子に対してでちゃうのです。

産む前は、上の子が赤ちゃん返りしたらそれをしっかり受け止めて~

抱っこや頼み事は全部上の子を先に~ というような事を想像していたのですが

実際のところ、まだ下の子が寝転がってるうちはいいのですが、ハイハイやヨチヨチ歩きをしだすと危ないので、しっかり見張っていなければならず、上の子優先してる場合じゃないんですよね。

でもそんな事情を理解できるほど上の子も大きいわけではなく・・・。

何歳差が育てやすいんだろう、などと考えた事もありましたが、結局は何歳差でもそれぞれ違う悩みが生じますしね。

子どもの数だけ悩みも増えるし、兄弟げんかも絶えないけれど、仲良く背中を並べて遊ぶ姿を見ていると、ありがたいなぁと、しみじみ感じます。

「下の子が生まれる」 がテーマの絵本

*おにいちゃんになるひ【作 ローラ・M. シェーファー】

*ちょっとだけ【作 瀧村 有子 絵 鈴木 永子】

*リサのいもうと【作 アン・グットマン 絵 ゲオルグ・ハレンスレーベン】

下の子が生まれてすぐの事

「ちょっとだけ」の絵本を読み聞かせていたせいか、

「手、繋がなくていいよ、ここ持っとくから。」

と私のスカートの裾を掴んで少し後ろを歩いていた長男。

抱っこ紐してるので別に両手空いてたんですけどね。

下の子にいじわる、やきもちをやいている時

*ノンタンいもうといいな【作・絵 キヨノサチコ】

*おとうと【作 いちかわけいこ 絵 つるたようこ】

*ぶーちゃんとおにちゃん【作・絵 島田ゆか】

ノンタンのシリーズが大好きだった私は、いもうとができていた事にかなりの衝撃を覚えました。

お兄ちゃん(お姉ちゃん)の真似ばっかりしたがる下の子と、それをうっとおしがる兄(姉)。

よくみる光景ですよね。

私も昔は兄弟でいっぱいけんかをしましたが

今はそれを肴にみんなでお酒を飲み合うような仲です。

兄弟一緒に絵本の読み聞かせをする時

兄弟では年齢差がありますので、絵本がそれぞれ難しかったり易しすぎたりしてしまう事になります。

でもそれは大した問題じゃなくて

お母さんが読む絵本を一緒に聞いて成長したかけがえのない兄弟

というところに意味があるのかな、と思っています。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です