どんぐり工作で秋を体感

Pocket

スポンサーリンク




台風が過ぎ去り秋を感じられる季節になってきました。

この時期にぜひ子供達と楽しみたい遊び

どんぐりを使った工作です。

*どんぐりだんご【作・小宮山 洋夫】

まずは森や雑木林にどんぐり探し。そこまで行かなくとも、この季節は庭の木になったどんぐりがよく道端に落ちていますから、ちょっとずつ集めていってもいいのですが、それらを使ってとっても楽しいおもちゃが作れてしまうのです。

絵本に載っているどんぐりのおもちゃ

・こま

・やじろべえ

・にんぎょう

・ネックレス

作り方が詳しく載っているため、絵本さえあればしっかり作れます。

ネックレスは針と糸を使いますので少し手間ですが、こまややじろべえなどは簡単にできました。

まぁほとんど私が一人で作ったようなものですけどね・・・。隣で子供達はどんぐりコロコロの歌を熱唱しながら応援してくれてました。

どんぐりを材料にして作るお菓子も紹介されていますが、私はちょっと抵抗あります・・・。っていうかどんぐりって食べられるんですね。初めて知りました。

どんぐりが苦手?

ところで見た目はとっても可愛いのにどんぐりに抵抗ある方って、中に虫がいるんじゃないか?って懸念があるからではないでしょうか。

私もそれを知ってから、もし部屋に放置していて、うにょ~んとでてきたらと思うとぞっとするので、拾ってきたどんぐりは必ずお庭かベランダで保管するようにしています。まだ私は一度も遭遇した事はないのですがね。

ただ去年もらった栗の実の中から、カブトムシの幼虫ぐらいの大きさの虫が元気に飛び出してきた事は多分一生忘れません。

*どんぐりの種類が分かる絵本*

*ひろったあつめたぼくのドングリ図鑑【作・盛口 満】

*どんぐり【作・こうや すすむ】

これを読めばどんぐりの事が本当によく分かります。どんな動物が食料としていて、自然界でどんな役割をしているのか。そしてもっともっと興味が湧くかも。

*どんぐりむらのどんぐりえん【作・絵 なかやみわ】

どんぐりが主人公の可愛い絵本といえばこれ。どんぐり達がある職業について仕事をするお話。上記の絵本は幼稚園の先生ですが

シリーズ化されていて、いろんな職種バージョンがあります。それも結構リアルに仕事をこなしているので、子供達も働くってどういう事か、少しは理解できるかもしれませんね。

最後に

先日実家で片付けをしていたら、幼稚園の時のアルバムや工作品などとってあるのを見つけ、4歳の時の身長や体重、その時の様子が記された紙も一緒にでてきたのですが、その中に「私の将来の夢」 という欄があって

確か 「お花屋さん」 とかだったかな~なんて回想しながらページをめくってみると なんと

どんぐり」 って書いてました。

え・・・将来の夢どんぐり? 人間ではないにしてもまだ

「鳥」 とか 「蝶」 とかね。そんなならまだ分かるのですが、どんぐりって・・・。

先生からのメッセージの欄には 「可愛いどんぐりさんになってくださいね」って優しさ溢れるコメントが書かれていました。

私も成長したものです・・・。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です