お家の庭で焼き芋パーティー

Pocket

スポンサーリンク




読書の秋に食欲の秋。

さんま、なす、栗、柿・・・旬の食べ物がたくさん出てきて、主婦としては毎日の献立を考えるのもちょっと楽しくなる季節。

イベント好きの我が家(私だけ)は毎年この季節になると、お家の庭で焼き芋パーティーを開催してます。

庭で焼き芋をするのに必要な道具

・ブロック

・炭

・ライター

・新聞紙

・トング

・鉄串

・アルミホイル

ホームセンターで購入したブロック塀を2個ずつ 「井」 の形になるように積んでいき、中に炭を入れて燃やします。

バーベキューセットがあればそちらを使った方が後片付けも楽ちんなのですが、私は雰囲気重視なので・・・。

焼き芋用さつまいもの選び方

・横幅がある

・重たい

・大きい

・色あせていない

どれも売っている中で比較をしてみてください。より近いものを選ぶと甘味が強いサツマイモをゲットする事ができます。・

慣れると気軽にできて、子供達も喜んでくれますよ。

「外で焼き芋」 の具体的イメージがあまり湧かない方にはぜひこちらの絵本を

*ばばばあちゃんの やきいも たいかい【作・さとう わきこ】

あらすじ

落ち葉が舞い散る季節になり、ばばばあちゃんは掃除して集めた落ち葉でたき火をする事に。

あったまったら今度はその火で焼き芋作りを始めました。

じゃがいも、さといも、みかん、かき・・・

せっかくなので焼き芋だけでなく色んな食べ物をアルミホイルにくるんで火の中に入れてみる事に。

みかんなども入れたりしていて、まずかったらどうするつもりなんだろう・・・と少し不安を抱えながら読み進めましたが、さすがばばばあちゃん、それについてもちゃんと考えがありました。

***

1989年に初版が発行されたばばばあちゃんシリーズ。私が生まれてすぐからずっと人気が続いています。

このやきいもの絵本もそうなのですが、「よもぎだんご」とか「おこのみやき」など、実際家で料理出来るように書かれているのが嬉しいですね。

おすすめ・さつまいもの絵本

*モリくんのおいもカー【作・かんべ あやこ】

あらすじ

ご機嫌でドライヴ中のこうもり、モリくん。なんとこの車、さつまいでできているので食べれるのです。

運転中に出会う森の仲間たちに少しずつおすそ分けしてあげる優しいモリくんなのですが、どうやらあげすぎてしまったようで・・・?

こちらの絵本もシリーズ化されていますが、絵も可愛く、おいもカーが色んな調理の仕方をされ、食べられていくのをみるとなんだか無性に自分もさつまいもが食べたくなってしまいます。

*さつまのおいも【作・中川ひろたぁ 絵 村上康成】

さつまいもの視点から描かれたストーリーです。さつまいもも土の中で人と同じようにご飯を食べて歯も磨いて・・・。

じっくり寝たらいよいよさつまいもほりに来た子供達と綱引き勝負。

勝ったのは子供達・・・?

園児達爆笑の絵本です。

今しかできない季節のイベント、じっくり楽しみたいですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です