春の花いっぱいの絵本

Pocket

スポンサーリンク




春を呼ぶ絵本

暖かい気候に色とりどりの綺麗な花達。

花粉症に悩まされている人達にとっては辛い季節でもありますが

長い間土の中で春を待ち侘びていた生き物たちも、春の訪れと共に生き生きと活動し始めます。

うちは毎春兵庫県の明石海峡公園を訪れるのですが

一面に広がるチューリップ畑は

まるで絵本の世界にいるような錯覚を引き起こすほど美しく幻想的で
大好きな場所です。

*はるがきた【作・ジーン・ジオン 絵・マーガレット・ブロイ・グレアム】

春が来ないならこちらから春を招いてしまえばいいじゃないか!

ペンキを使って花や緑を描き、みんなで寒々とした街を塗り変えていくお話。

自分もこの街の住人になった気分でわくわくしてきます。

なかないで なかないで【作 あまんきみこ】

一面黄色いタンポポが広がっている春の野原での物語。

幼少期はこんな光景、そこらじゅうに広がっていました。

近くの川ではメダカがたくさん泳いでいたし、

毎日のように近所のお友達と蓮華やシロツメクサで王冠を作ったりしながら、ごっこ遊びを楽しんでいた記憶があります。

今ではそこに家やマンションがどんどん建ち並び、かつての野原は跡形もなく姿を消しました。

自然破壊がどうとか語るつもりはないのですが、やっぱりちょっと寂しくなりますね。

おはなのすきなトラリーヌ【作・絵 どいかや】

フェルトで描かれた可愛らしさと独特の世界観が女の子を魅了します。

こちらも春の気配が絵本いっぱいに漂っていて

手元に置いておきたくなる1冊です。

*野の花えほん 春と夏の花【作・前田まゆみ】

春に咲いているお花とその豆知識などが載っている絵本

というか図鑑ですね。

息子の方はこの手の物は、本物の写真が載っている図鑑そのものの方が好きなようですが

娘はこちらの方がお気に入り。私もこっち派です。

草花が色鉛筆の優しい風合いで描かれていて、頭に残りやすいんですよね。

「あっこのお花載ってたね!」「これ、やまとりかぶとじやない?」

お花にも少し詳しくなり

いつものお散歩や公園へのお出かけがグッと楽しくなります。

たんぽぽの絵本

植物、花を育てる絵本

ちょうちょの絵本
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です