引っ越しがテーマの絵本

Pocket

スポンサーリンク




明日、親しかったママ友が引っ越します。

それもうんと遠くです。もう会う事はないかもしれません。

ママ友って世間ではあまり良いイメージがないかもしれませんが、そのママを始め、実際に出会ったママ友達は良い方が多かったです。
子どもを介している分、学生時代の友達とは少し違うかもしれませんが、くだらない事で笑い合ったり、我が子のように子どもの心配をしてくれたり、同じ境遇というのは、それだけ共感し合える部分もたくさんあり、誰よりも心強い時だってありました。

そんな大切なママ友の一人なので、明日は泣いてしまうかもしれませんが、引っ越しをするに当たり子ども達の不安を少しでも解消できたらと、

この絵本を贈る事にしました。

*とん、ことり【作・筒井 頼子 絵・林 明子】


引っ越してきた先で起こる数日の出来事が物語になっています。

このお話のように、子どもって知らぬ間にあっさり友達を作ってきたりしますよね。

2年に1度の引っ越し

私自身子どもの頃は転勤族の家庭で育っているため、かなりの回数引っ越しを経験しました。幼稚園の時はそんなに辛かった記憶もないのですが

大きくなればなるほど、転校が決まる度に憂欝になるのでした。

友達できるかな 馴染めるかな

特に学期の途中だと既に仲良しの輪が出来上がっているので、その中に入り込んでいくのにはかなり勇気が入りました。

方言がきつい地域だと、まず相手の話を理解するのに時間がかかりましたしね。

でも今思えば 引っ越しの経験で得た事 もたくさんあるのです。

転校経験のメリット


・順応性が高くなった

・人見知りしなくなった

・いろんな地域に友達ができた

未だに文通を続けている友人もいます。ラインもメールアドレスも知っているので携帯を使えばいいのですが、その友人とはずっと手紙でやりとりしています。

古い考えなのかもしれませんが、やはりポストに届いている封筒を見つけた瞬間の嬉しさや気持ちの伝わり方って、携帯とは全然違うんですよね。

引っ越しによるお友達の別れ がテーマの絵本

*いつだってともだち【作・モニカ・パイツェ 絵・エリック・バトゥー】

*また あえるよね【作・あいはら ひろゆき 絵・こみね ゆら】

引っ越し作業が楽しくなる絵本

*ぼくんちひっこし【作・山本 省三 絵・鈴木 まもる】

*14ひきのひっこし【作・絵 いわむら かずお】

引っ越しは心身ともにかなり力を使います。みんなが少しでも前向きな気持ちで、お引っ越しできますように・・・
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です