言葉が遅い?

Pocket

スポンサーリンク




2歳を過ぎるまで1語も発しなかった長男。

何を聞かれる?どんなことするの?1歳半検診の内容

↑こちらの記事の最後の方で触れているのですが、

息子は1歳半で言葉の遅延を指摘され、言葉を話すようになるまで少し時間がかかりました。

まず検診ではっきり言われたのは

「1歳半で言葉が出ないという事=平均よりも言葉の発達が遅い」 という事。

だからといって何か障害を抱えていると断定できる歳ではないので、まずは2歳まで様子を見ましょう と。

(先天的な要素がないのに)言葉が遅れる原因

*テレビばかりみせている

*子供に話しかけていない

*家の中で会話がない

*子供が話す前に先回りしすぎている

*耳が聞こえていない

言葉が遅れる理由は色々とあるようですが

うちにはどれも当てはまらない気がしました。

まずはテレビ。

見せても 「いないいないばぁ」 と 「おかあさんといっしょ」 くらいでテレビをつけっ放しなんて事はしていません。

むしろ私は同時に別の事が出来ないタイプなので、子供と過ごしながらテレビを付けている事の方が希でした。

次に会話の有無ですが、夫の帰りが早いため家での会話も多いです。

子供に話かけるというのもそこまで意識はしていませんでしたが、1歳を過ぎ扱いが楽になってから可愛さが増し、かまいまくっていたので、話しかけていないという事もないはず。

子供が話す前に先回り・・・これはどうでしょう。

かまいまくっていたのでその線はあるかも・・・という気もしましたが、私は察しが悪いので、子供が何を求めているのかよく分からず

「なぁに?」 「どうしたの?」と聞いた後は、子供も答えられないので解決せず泣きわめかれて終了 という事の方が多い気がします。

耳の聞こえは産婦人科の検診でパスしていますしね。

どれも当てはまらない・・・。 だけど検診で引っかかった以上、意識をして子供の言葉を引き出そうと躍起になって過ごしていました。

が、2歳のお誕生日が来ても結局話さないまま・・・。

ついに精神小児科を紹介される事に。

病院ではまず、先生の問診がありました。

先生は男性で、ホームページの顔写真は満面の笑みで映っていたので好印象だったのですが、どうやら 『そんな顔つきをしてる』だけなんだと実際会って発覚しました。

問診中に聞かれたのは4点です。

・携帯を渡すと「もしもし」と耳に当てる動作をしますか?

・「よしよし」と人の頭を撫でようとしますか?

・くしを渡すと髪を梳きますか?

・指差ししている時、お母さんの共感を得ようとしますか?

私が息子に 「よしよししてみて」 とお願いすると、すかさず

「いえ、そうではなくて。普段あなたが疲れていたり具合いが悪い時に自発的にしてくれるかどうかです」

と言われてしまい、そんな事はしてもらった事がないので

「ないです。」 と言わざるを得ませんでした。

その後人形を渡されて遊ばせてもらっていたのですが、その時の様子や、目の動きを見る限り今の段階では自閉症などの可能性はないとの事でした。

実際友人の子供でアスペルガーと判断された子がいるのですが、目の動きで分かると言われたそうです。

素人目には全く分かりませんが・・・。

さて、自閉症の疑いはないと言われたものの、言葉は出ないままですので発達検査を行う事になりました。

発達検査の内容

・指差し(笑っている子は誰?泣いているのはどの子?など)

・積み木を積めるか

・はめこみおもちゃができるか など

全部で30分以上かかりました。

結果特に異常はないとの事だったのですが、言葉の訓練をする教室に通うよう奨められました。

早く話せるようになった方が良いのか?

正直私は障害などがないのであれば急いでしゃべらせなくたっていいんじゃないかな?という気持ちが強かったのですが

コミュニケーションを早くからしっかり取れた方が対人関係がスムーズにいくという点で有効です と言われ

とりあえず第一回目の訓練教室に参加したのですが・・・

カウンセラーの先生が息子にピッタリついて、息子の動作をひたすら言葉で表現するというだけの会でした。

例えば息子がおままごとグッズで遊べば

「しゃ も じ だね」

「まぜ まぜ 」

「ペッタン」

「塗り塗り」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ私が家ですればいいだけなんじゃ・・・・だんだん疑心暗鬼になってきた私、2回目の予約はキャンセルしました。

こうして病院へは行かなくなったのですが、その後2歳3カ月にして

「ママ、ブーブ、あっちいっちゃった」

突然3語文が飛び出しました。

「言語爆発」 という言葉があるそうですが、まさにその日から単語がみるみる増えていきました。

入園の頃には周りから

「女の子みたいによくしゃべる子だね」 と言われるように。

今思えば

生意気なことも言わないし、可愛い盛りなのだから

言葉の遅ればかり気にせず楽しく過ごせばよかったな

と少し後悔ですが、私の性格上やっぱりそれは無理な話だったという気もします。

唯一良かったと思える事は、現在

「ママ!ママ!」 って1日トータル100回くらい(?)呼ばれてますが

あの時の心配を思い出しては、嬉しくなる事ですかね。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です