子連れで海へ! 持ち物は揃ってますか? 準備運動に海の絵本を読み聞かせ

Pocket

スポンサーリンク




もうすぐ海の日。子供を連れて海を満喫するために、必要な持ち物をしっかり確認!

ビーチへ持っていく物

・日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームの効果は一度塗っただけではすぐになくなってしまいます。入水前だけでなく、こまめに塗ってあげましょう。子供の皮膚は紫外線に敏感で弱いです。

浮輪

輪っかのタイプもいいですが、2人ぐらい乗れる大きめサイズは子供達も大喜び。

砂遊びセット(スコップ、バケツなど)

 

普段公園では服も手も汚れて面倒だしあんまりさせていない というママも多いのでは?

広い砂浜で存分に楽しんでもらうため、いろんな形が作れる道具、たくさん持っていきましょう

水中メガネ川遊びの記事にも書きましたが2リットルのペットボトルでも作れます)

綺麗な海なら浅瀬でもお魚さん、よく見かけます。息子が初めて海に浸かった時、バケツを持った子が魚を捕まえているのを羨ましそうに見てたので、今年は忘れず持っていきたいと思います。

おにぎりなどの軽食

コンビニなどで調達しておくと、ちょっと小腹が空いた時に助かります。海の家は高いですしね。

帽子(子供用)

よく水着とセットになっているような、濡れても大丈夫なもの。お天気だと入水中でも頭への照りつけは凄まじいです。

バスタオル

海から引き上げる時、着替えの時に。大人もボタン付きが便利です。

フェイスタオル

こまめに拭いて風邪をひかないようにしてあげたいですね。何枚かあ余分に用意しておいた方がいいです。

ビニール袋

濡れた水着などを入れるため。パパと更衣室が違いますから、2つはあった方がいいですね。

テントorパラソル

テントはポップアップ式が便利ですが、簡単だと思ってたら当日全然収納できなかった事が・・・。事前に練習しておいた方がいいですね。

ベビーカー

まだ歩けない子、お昼寝する子は途中で寝てしまう可能性大です。ビニールシートの上に寝かせると砂浜からの熱気が直接体に伝わってしまうため、ベビーカーに乗せてテントの下で寝かせた方が安心です。

小銭、小銭入れ

なるべく大きいお金は持ち歩かない方が無難です。小銭入れも防水タイプで首からかけられるものがあると◎。

凍らせた飲み物

砂浜にいるととにかく暑いですからね。脱水対策にも、保冷バッグに入れておくと多少冷たさが長持ちします。

海では毎年事故が起きている

*疲れてる時は絶対入水しないこと

*遠くまで泳ぎ過ぎないこと

*できれば子供一人に大人一人つくこと

海は楽しい場所ですが、同時に危険な場所でもあります。あまりにも幼い子は連れ出さない方が賢明です。

うちは一度1歳前の子を連れていった事がありますが、汗はダラダラかいてるし砂は口に運ぶしで、可哀想な事をしてしまったなと後悔しました。

広くいビーチで開放的な気分になってしまいますが、羽目を外さないように楽しみたいですね。

海の絵本

*だいちゃんとうみ【作・絵 太田大八】

夏休みに海のある田舎へ遊びにきた大ちゃん。船に乗せてもらって魚を捕ったり、拾った貝でご飯を作ったり、たっぷり海を満喫する様子が描かれています。早く海へ出かけたくなってきます。

*はまべにはいしがいっぱい【作・レ=レオニ 訳・谷川俊太郎】

白黒のため想像力が掻きたてられて、いくらでも眺めていられる1冊。子供達といろんな石や貝をひらうのが楽しみです。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です