私の周りの 幼児習い事ランキング

Pocket

スポンサーリンク




大きくも小さくもない街での習い事事情

数ある習い事の中で何を習わせるべきなのか、そもそも幼児に習い事は必要なのか。

優柔不断な私は長男の時に相当悩みました。今でもよく悩みます。

今回は私の周囲で人気のある習い事、参考にした書籍をいくつか紹介したいと思います。

ちなみに住んでいる地域は都会でも田舎でもなく、都会のベッドタウンと呼ばれるような街です。

(最寄駅は特急電車停車駅。小学校受験をする人は少ない地域に住んでいます。)

1位 スイミング

2位 体操

3位 英語

圧倒的人気はスイミングです。うちも全員習わせています。

スイミングに通わせる理由

*泳げるようになってほしい

*水に慣れて欲しい

*身体を強くしたい

私の場合は、自分が子どもと楽しくコミュニケーションをとるための場としてベビースイミングを始めたのがきっかけで、そのままずっと習い続けています。

ですが実際の長男はというと、いまだに水が苦手です・・・。

スイミングを無理にさせる必要はないと、何度も退会届けまで書いているのですが、その度に

「やっぱりやりたい、お願い!やめたくない」

などと言ってくる上に、入ってしまえば笑顔で楽しそうに泳いでいるので、もうこのまま4泳法習得するまで頑張ってもらおう、と思い直しました。。

2位 体操

一口に体操と言っても、徒歩やバスでスポーツクラブに通う子、幼稚園の課外授業に入っている子、市が運営している近所のクラブに所属している子など、さまざまです。

体操に通わせる理由

*運動神経が一番発達すると言われているこの時期に習わせておきたい

*有り余る体力を消耗させたい

という声がよく聞かれます。

体操と言ってもフラフープやボールを使ったり、遊びの延長のような感覚の子もいますし、逆に運動能力に不安を持つお母さんが心配して入れるというケースもあります。

3位 英語

*早くから本物の英語を聞いて耳慣れさせておきたい

*発音をよくしたい

*小学校から始まる英語に備えたい

うちも少しの間娘を通わせていたのですが、先日辞めました。

そもそも私は上記の理由から習わせていたわけではなく

仲の良いお友達に誘われてなんとなく入り、

英語で歌ったり踊ったり、クリスマスやハロウィンのイベントを楽しめるという理由から続けてきたのですが・・・。

費用対効果を考えるとちょっと疑問が。

1年でいくつか覚えた英単語はありましたし

ネイティブの先生でしたので発音もいいです。

でも、すごく中途半端な事してるなぁ という気持ちが拭えなかったのです。週に1回、40分だけ本物の英語を聞くのって

その40分が娘にとって楽しい時間ならば何かしらの意味はあるのかもしれないけど、英語の上達に関しては期待できないなと・・・。

習い事をさせるにあたって気付いた事

結局親がどれくらい忍耐強く、本気で付き合えるかにかかってるんですよね。

(ただ一緒に付いていても鬼のような形相で指導すれば、それは逆効果になるかもしれませんが。)

例えば英語なら、ふだんも一緒にCDを聴いたり英語で話しかけたりして楽しむ(発音が悪いのは全く問題ないそうです)など

習い事に入れるだけいれて後はほったらかし!

では何も伸びそうにありません。

↓この本はそんな内容の事が詳しく書かれています。
*お子様 おけいこごと事情

*まちがえない!子どもの習い事

2冊目は育児ママ向けの冊子、comoの編集部の方々が今まで寄せられた意見を基にまとめて綴られた本です。

習い事別に、その効果や内容が述べられているので今まさにしようか悩んでいる習い事がある、なんて時に参考にしてみてください。

幼児の習い事で身を持って知った事まとめ

・幼児にやりたいか聞いてもあまり意味はない

・無理してまで続けさせない(自分でやりたいって言ったんでしょ!は幼児には酷すぎる)

・うまくできない事に対して叱らない

子どものためにと高いお月謝を支払い続けてきたのに、逆にトラウマになってしまった、なんてことのないよう、子どもの様子に充分配慮して決められるといいですね。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です