気をつけて!少なくない子供のエレベーター事故 

Pocket

スポンサーリンク




デパートなどで子供を連れていると、階段はおろかエスカレーターでさえ大変な時、ありますよね。

その点一気に目的の階まで引き上げてくれるエレベーターは早いし便利です。

シースルーエレベーターだと外の景色が見えて子供が喜ぶというのもありますしね。

ですがエレベーターでの悲惨な事故も昔から後が堪えません。

一番多いのは閉まる扉で指を挟んでしまうこと。これはお店の自動ドアでも言える事ですが、子供が小さいとうまく感知しない場合があり、勢いよく閉まってしまう時があります。

更にエレベーターは挟まったまま上下へ動きますから身体の一部を切断する怖れだってあります。

中で先に乗っている人がガチャガチャと閉めるボタンを連打している時も危険ですね。

それでも通常は何かが挟まったりすると安全装置が作動して停止するはずですが、機械ですから常に誤動作を起こしたり故障の可能性はあり、実際にエレベーター会社が安全点検を行った直後に起きた事故もたくさん報道されています。

毎回でも子供に言い聞かせておきたいエレベーター乗降の注意点

・駆け込まない

・ドアにもたれない 触らない

・中でふざけない

駆け込みはよく大人でも見かけますよね。ひどいとエレベーターで突っ込んで扉が閉まろうとするのを阻止する人もいます。

次のエレベ-ターを待つ数分を惜しんだために一生後悔する事になるかもしれません。絶対にやめましょう。

乗っている間、ドアに興味を持つ子供も多いです。ドアとドアの隙間をなぞってみたり、疲れていると全体重をかけてよりかかってみたり。

それからふざける子。子供同士一緒だと、特に幼児はテンションが上がってぴょんぴょん跳ねたり手すりにぶらさがったりしたがります。

「閉じ込められて出られなくなるよ!」

「指なくなるよ!」

命に関わる事ですから、ここは怖いぐらいに脅しておいてもいいと思います。

エスカレーターとエレベーターの違い

ところで皆さんは幼い頃からどっちがエスカレーターでどっちがエレベーターなのか、きちんと把握していましたか?

私は完全に逆で覚えていて、意識を変えるのにかなり苦労しました。

先日こんな絵本を見つけました。

*エスカレーターとエレベーター 【作・小輪瀬 護安】

DSC_4470

デパートに買い物にいく親子をモデルに、エレベーターとエスカレーターの乗り方から仕組みまでが、かなり詳しく書かれています。

子供が反対に覚えてしまう前にこの絵本を読んであげておけば、間違う事もないでしょう。

どちらも子供にとってはちょっとしたアトラクション気分で面白いかもしれませんが、危険を秘めている事も充分理解させた上での利用を促したいものです。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です