子供の呼び方はパパ、ママ?それともお父さんお母さん? 

Pocket

スポンサーリンク




「絶対子供には ‘お父さん’ と呼ばせるぞ!」

私が一人目を妊娠中、そう張り切っていた夫ですが

今現在息子(小1)には

「パパ」 ひどい時は下の名前で呼び捨てにされています。

私が夫の事を名前で呼んでいるせいなのでしょうが、子供ができたからと言って 夫の事を 「パパ」 と呼んだり 「ママ」 と呼ばれるのには抵抗があったんですよね。

私は夫の 「ママ」 ではないので。

逆に私は自分の名前を息子に呼び捨てにされようと別に構わないと思っていたのですが、友達みたいになってしまったり、親は尊敬するものという概念が薄れてしまいそうなので一応呼ばれる度に注意はしています。

さて、なぜ夫が頑なに 「お父さん」 と呼ばせる事にこだわっていたかというと

自分が両親の事を 「パパ」 「ママ」 と呼び続けていて、ある程度の年齢になると恥ずかしくて一切 「おい」 とか 「なぁ」 としか呼べなくなってしまったからだそうです。

子供にしっかり呼んでもらえなくなるのは、こちらもちょっと寂しいですね。

夫の話に共感し、私も 「お母さん」 と呼ばせようとしていたのですが

肝心の息子は 「お父さん」 「お母さん」 どころか2歳まで一言も言葉を発せず、それどころの話ではなくなってしまい

なんでもいいから早く発音して!という気持ちが先行してきたため、 「ママだよ~」 と教えてみると、数日ですんなり話せるようになりました。

それを聞いて慌てた夫、「パパだよ、パーパ!」と私に張り合った

結果

「パパ」 が定着してしまったのです。

祖父母の事はなんと呼ばせる?

最近は祖父母の事を 「じぃじ」 「ばぁば」 と呼ぶ子が増えましたね。

私はこれにかなり違和感があったのですが、 「おじいちゃん」 「おばぁあちゃん」 よりも言いやすかったり、まだまだ若いのに「おばぁちゃん」なんて呼ばれたくない! という女性の現代的な心理もあるのでしょう。

下手したら 「じじぃ」 「ばばぁ」になってしまいますけどね。

ちなみに今息子は なぜか「おばぁ」 と呼ぶようになってしまい母が泣いています。

ママ友同士で何て呼び合う?

数年前にママ友をテーマにしたドラマ 「名前をなくした女神」 が放送されましたが、このタイトルにはママになると 「○○くんママ」と呼ばれるため、母親になると自分の名前を呼んでもらえなくなる という意味があります。(多分。)

私は親しいママ友とは名前で呼び合っているので、ある意味学生時代のようにさっくばらんな関係性でもあるのですが、それも人によってはよし悪しかもしれませんね。

呼び方というのは後で急に変えるのも気恥ずかしいものがあるので、最初の声かけ時に少し気にしてみるといいかもしれません。
スポンサーリンク





人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です